ホメオパシーについて

ドイツの医師サミュエル・ハーネマンによってつくられた200年以上の歴史がある自然療法です。ギリシャ語で

“Homoios”=同じ “Pathea”=痛みを意味し、日本語では「同種療法」と訳されます。

 

「健康な人に投与してある症状を起こさせるものはその症状を取り去る」という「同種の法則」を根本原理とし

レメディーという砂糖玉を使って自分の中で滞っている自己治癒力のスイッチを入れ触発していきます。

 

日本では昔から熱が出た時に布団をかぶり身体を温めることで熱を追い出したり、喉がヒリヒリと痛む時にヒリヒリ

する生姜をすっていれた飲み物を飲んだり、身近なところに同種療法が存在しました。ですから同種療法は日本人に

とても馴染みのあるお手当てといえます。

 

例えば私たちが熱を出すのは、身体の中にいるウィルスや溜まってしまった老廃物の存在を危険と感じた結果、体外に

排出させようとして働いている免疫システムの一つです。熱という症状は健康な状態に戻るための大切なプロセスで

り、身体にとって必要不可欠な働きです。

 

ホメオパシーではこのような身体の働きがスムーズに行われるように、レメディーによって自己治癒力のスイッチを

入れ、上手に症状を押し出し自分の力で乗り越えることができるようお手伝いします。逆に症状を出さずに抑圧して

しまうと、本来の身体の働きを歪めてしまい、大切な免疫力を損なう結果につながります。

 

また心の傷、トラウマ、インナーチャイルドなど自分の内面にある深い問題が身体の症状として現れることもあります。ダメな自分、不器用な自分、愛されなかった自分に対して目を向け癒していくことで、生きる力や喜びが生まれ、人生がより軽やかなものに感じることができるでしょう。心と身体は繋がっています。心が元気であれば自然と身体も元気に

なっていくのです。

 

このように心と身体をホリスティックにとらえていくホメオパシーは、自然療法であると同時に、生きるとは何か・・・人は何のために生まれてくるのだろう・・・と、自分に問いかけていく人間学であるといえます。

 

 

 

レメディーについて

 

レメディーは植物、動物、鉱物など自然界に存在するあらゆるものを原材料にしますが、アルコールと水によって

薄められ(=希釈)たたいて振動を与える(=振盪)という特別なプロセスによって作られます。これを「超微法則」

といいます。

 

この工程を何度も繰り返し、天文学的なレベルまで薄めたものを小さな砂糖玉にしみ込ませたものがレメディーと呼ばれるものです。その希釈率は銀河系に涙を1滴落としたぐらいの薄さなので、化学的に分析しても、原物質の分子はどこにも見つけることができません。この砂糖玉が、あなたの滞っている自己を癒す力(バイタルフォース)のスイッチを入れる役目を果たします。(砂糖玉の他に液体フォームといわれるレメディーもあります)

 

バイタルフォースと好転反応

 

バイタルフォースがきちんと動き始めると心や身体に様々な反応が現れます。例えば湿疹が出る、発熱する、下痢を

する、またあらゆる感情が溢れ出ることもあります。 これらは心や身体が元の健康な状態に戻ろうとして現れる「好転

反応」といわれるものです。もちろん人によって反応は様々ですが、今までの人生で症状や自分の感情を表に出さない

ように抑えてきた人は、抑圧の壁が厚い分、好転反応が大きく出るかもしれません。

しかし真の健康な姿とは身体にとって不要なものを一つ一つ取り除き、心のこだわりを手放すことで得られるものです。

 レメディーは自分にとって何が必要か、何が不必要なのかをあなたに教えてくれるでしょう。

そんなホメオパシーの恩恵が一人でも多くの方々に届くことを願っています

【世界のホメオパシー事情】

 

ヨーロッパでは4人に1人が日常的にホメオパシーを使っているといわれています。世界では80カ国以上で使用され

公的な保険が適用されている国も沢山あります。

 

自然療法が盛んなイギリスでは、町のドラッグストアや空港などで誰でも手軽にレメディーを購入することでき

自分で自分の健康を守るセルフケアが浸透しています。また英国内には王立病院が4か所存在し、ロイヤルファミリーの健康管理は専任のホメオパスによってなされています。

 

スイスでは2009年に行われた国民投票によってホメオパシーをはじめとする代替医療を憲法上認めることが承認

されました。

 

インドはガンジーが国民の健康のためにホメオパシーを勧めたことが有名ですが、ホメオパシーは西洋医学と同等の医療として認められており、国民は自分の治療法を自由に選択できるシステムです。

2014年秋には伝統医学専門の省庁「AYUSH」が設立され国が積極的に自然療法を推進しています。

ホメオパシーはドーピング検査に反応する心配が無いので、多くのプロスポーツ選手に愛用されています。ドイツの

サッカーチームは選手の心身のケアに取り入れていることはよく知られていますが、ウサインボルトは子供時代に脊柱

側湾症の治療のためにホメオパスにかかっていました。

キューバではハリケーン後に蔓延するレプトスピラ症の感染予防として国が推奨し実績を上げています。

【ホメオパシーのお薦めポイント】

簡単、安全、経済的です

レメディーは口の中に入れ舌下でゆっくり溶かしたり、お水に入れて飲むだけです。

小さなお子様やお年寄り、ペットにも与えやすく簡単に摂ることができます。

セルフケアや家族の健康管理に役立ちます

家庭でおこるちょっとした怪我や体調不良、心の問題、子育てや介護のお疲れなど

日常生活の様々な場面で役立ちます。旅行の際にもぜひレメディーキットをお持ちください。

旅先でのハプニングにも慌てることがありません。

自然派育児の強い味方です

丈夫な子に育てたい。できるだけ自然育児を心がけたいというお母さんにとって

ホメオパシーは強い味方になります。お子さんの成長とともに自己治癒力の素晴らしさを日々

実感していただけます。

妊娠・出産・産後のケアのサポートとして

デリケートな時期の体調管理や心の不安や緊張など、ご自分でもコントロールすることが難しく

感じる場面にも、力強くサポートしてくれます。また妊活中の身体作りにもお薦めです。

*産前産後のケアにホリスティックドゥーラAmuletがお手伝いします。ぜひご利用ください。

心も身体もまるごとケアします

自然療法では心と身体がいつも繋がっていて、それぞれがバランスをとりながら

お互いを支えていると考えます。ホメオパシーは人間まるごとをみることで心身のバランを整え

その方の自己治癒力が隅々まできちんと働くようにお手伝いします。

 

病気の予防や病後の回復力が高まります

今のところ健康に問題がないという方でも、予防的にレメディーを摂ることができます。また万一

大きな病気なった場合や手術の前後など、西洋医学と併用することで薬の副作用や常習性に役立ちます。

災害時や非常時に備えておくと安心です

天災はいつやってくるかわかりません。非常袋の中にレメディーを備えておくことによって

想定外の事態にも対応できます。